夏の風物詩(うちみや保育園)

 夏においしい食べ物といえば・・・そうめん!

うちみや保育園では、そうめん流しをしました。

このそうめん流しの台は、なんと、男性保育士手作りなのです!

竹を切り、カンナをかけ、洗って、乾かして…と、保育士の汗と愛情のたくさん詰まった、竹を使って作りました。

 「これは何かな?」と不思議そうにしながらも、興味津々の子どもたち。そうめんを流すと、「うわぁ!すごーい」と、喜んでいました。

 いよいよ、流しそうめんのスタートです!まずは、2歳児の子どもたちの挑戦です。

フォークを手に、そうめんを見つめる表情は、真剣そのもの。

流れてくると、「きたー!」と手を伸ばします。フォークの隙間からすり抜けてしまいますが、それもまた楽しい子どもたち。

上手にキャッチできた時は、「やったー!」と大きな口を開けて、食べていました。

 次は、1歳児の子どもたちの挑戦です。始めはフォークを使い、頑張っていた子どもたちですが、

最後は手づかみで、キャッチ!!小さな手にいっぱい握りしめて、口いっぱい頬張る姿から、美味しさが伝わってきます。

 0歳児の子どもたちも、竹にそうめんを浮かべて、触ってみました。「なんだろう・・・?」と

不思議そうに手を伸ばして、感触を楽しむことができました。

最後は、紙コップに手作りの出汁を入れて、みんなで「いただきます!!」

 竹のぬくもりや、感触を味わいながら食べるそうめんは格別で、たくさん食べた子どもたちでした。

とっても、楽しかったね☆