プレゼントを持って(うちみや保育園)

 9月18日は敬老の日でしたね。

それぞれ、保育園で作ったプレゼントを

渡しにでかけた子どもたちも多かったようです。

 9月19日には、風早の家に敬老交流会に行ってきました。

今回で2度目の訪問となった子どもたち。

最初は少し緊張していましたが、職員や利用者の方の温かい

歓迎を受け、緊張も和らぎ、季節の歌を歌ったり、

触れ合い遊びをしたりと、交流をすることができました。

 さて、今回のメインは「大きなかぶ」の劇遊びです。

動物に変身した子どもたちが、歌に合わせて、元気いっぱい

カブを引っ張ります。「うんとこしょ、どっこいしょ」の

掛け声に、おじいちゃん、おばあちゃん、施設の職員も

応援してくれました!

とても、たくさんの拍手をもらい、子どもたちもとても

嬉しそうでしたよ♪

 最後は、子どもたち一人一人が作った、貼り絵の

プレゼントを渡しました。

「すごいね!こんなの作れるんだね!!」と、

ほめてもらい、少し得意気な表情を見せていました。

そして、交流のお礼にと、折り紙のプレゼントをもらった

子どもたち。最後は、「ありがとう」「また来るね」と

握手をして、帰りました。

帰りの車の中では、「楽しかったね!!」という

声も聞こえてきており、子どもたちにとっても

充実した交流になったようです♪