· 

新しいリハビリ機器の紹介

リハビリ室に新たに導入したリハビリ機器をご紹介します。

 

その名も「パワーアシスト!」

一見かなりハードなイメージを持たれがちな名前ですが,

そんなことはなく、安全で程よい力加減となっています。

 

写真内には手に装着するタイプしか映っていませんが、足に装着するタイプもあります。今回は手に装着するハンドタイプを簡単に紹介します。

簡単に説明しますと、こちらの手に装着するタイプ(名称パワーアシストハンド)は上記の機械に接続し、そこから送り出される空気の力によって伸び縮みを繰り返して指の関節の屈伸運動を自動的に行ってくれるシロモノです。

 

脳梗塞や脳出血に伴う手のしびれや拘縮に対して効果を発揮します。

 

我々リハビリが1人の利用者様に対して訓練できる時間が限られています。しかし指の拘縮は持続的な手指のマッサージが大切・・・そんな場面で大活躍するのがパワーアシストなのです!

 

 

今回は手に装着するタイプの紹介でしたが、機会があれば他のタイプもご紹介したいと思います。